SEO効果の高かったGoogle+はなぜ終了してしまったのか

パソコンを持っている男性

SEO効果が高かったGoogle+は、最大で利用していたとされる50万人のユーザーの個人情報を流出してしまった可能性があることから終了しました。ユーザーの個人情報を集めて収益を得ていたGoogle+ですが、ビジネスモデルの健全さを見せるためにユーザーへ個人情報を集めながらコントロールしていく他ありません。被リンクをつけることも大きなメリットですが、一般向けに使われ始めることで大きなリスクも発生してきます。

利用者の個人情報が流出してしまうことは、SEOの分野に大きな影響を与えることにもつながります。バグを見つけて修正することは、サードパーティのソフト開発がユーザーへのプロファイルデータにアクセスする時に起こります。プログラミングインターフェースに関係していることですが、個人情報を非公開にしているユーザーの名前やメールアドレス・職業をはじめ、性別から年齢までのデータが全て見られてしまう可能性もあります。しかしバグが利用されている形跡がなく、修正される前にも利用されている形跡がないという報告がされています。

今まで被リンクを使っていても、外部の調査に委ねることなく社内の影響を確認することができます。一般向けのアプリであっても、利用者に被害を与える個人情報の流出は避けるべきものです。データの種類や、ユーザーが特定されているかどうかを確認し一般人向けに利用者を増やしていきます。利用者のプライバシーを保護するきっかけになったもので、実行するために行うプロジェクトはアカウント情報に対して強化しています。他のアプリと連携しているものには保護やコントロールも強化できるようにします。スマートフォンでのアプリがアクセスできる範囲を制限しながら、開発者がユーザーがどこまで訪問できるかや滞在時間などの情報も取得することを禁止しています。

セキュリティを強化していく一貫として、受けることも必要でデータを安全に守るために最低限の能力を発揮することになります。利用者の要望に応じながらデータを消去していくことも大切で、独立した監査を実施することを、外部の企業に任せることになります。ウェブサイトなどで、他のページやサイトからリンクされることもない状態をさします。ホームページがどこからリンクされるかはツールを使用することで知ることが可能ですが、リンクの状況を知るためには非常に役立ちます。内部リンクでは別のサイトからは離れているリンクとされています。