Facebookは実名登録だからこそ口コミの信頼性が高い

Facebookはソーシャルメディアの中でも、メディアや企業が集客していくための媒体としてSNSと同様重要な位置付けになっています。基本的に実名登録をするようになっているSNSなので、匿名性が低く、口コミなどでも信頼に足りる媒体とされています。しかしFacebookからのみの集客に依存している場合、SNS経由での集客を重視する傾向になっていることが言えます。

基本的にFacebookは仕様を頻繁に変更するので、トラフィック自体が安定しないこともありますし、大きな差も出てきます。実際に見てもニュースフィードは無料で利用できる場所になっておらず、露出をするには広告費を払って使うほかないという状況になっています。Facebookは実名登録で匿名性は低いものの、集客チャンネルとしての位置付けから信頼性が低くなっています。大きく依存していた企業は素早く脱却していますし、SNSからの集客に注目し始めます。SNSの信頼性はより多くの企業で検索対応を行なっていても、編集作業を行う場合はSEO業務も組み込むことになります。常にトレンドを追求し、キーワードに対する戦略を立てることが大切です。

SEOに取り組む中で検索トラフィックも安定しているという保証がなく常に様々な媒体が変化し続けるので、改善していく必要があります。突然仕様を変えることがないという点では、SNSの方が信頼性が高いと言えます。検索するユーザーから見て良心的で価値のあるものを提供することができれば、突然の仕様変更をすることもなくトラフィックが激減することがないです。

1つの媒体だけに依存することは非常にリスクがあり、常に様々な傾向を読み解きながら管理していくことが必要です。SNSを始め検索機能やメルマガ・口コミの状態など多種多様な側面から集客をしていくことが理想的で、企業を認知してもらうことができれば安定した環境を得ることができます。

Facebookのみを集客の媒体として利用していると、仕様変更された時に大きな打撃を受ける可能性があります。他の媒体と両立させることで、そのリスクは回避できますし常に新しい情報を取り入れながら自ら変更していくことが大きなポイントです。様々な常方をピックアップして、実名登録をするFacebookのみの仕様を避けていきます。SNSはたくさんの種類がありますが、企業の色にあったものを複数利用してさらに集客を見込みます。