顔の見えるインフルエンサーYoutuberのプロモーション効果

インフルエンサーの効果はYoutuberのタイアップ動画として、プロモーション効果が定着しています。知名度があるYoutuberのキャスティングは、彼らを信用しているユーザーからのアプローチを見込むことができます。しかし視聴回数が高いYoutuberほど効果があり、実際に顔を見ながらの紹介となるので信用するきっかけにもなります。ここではキャスティング費用も発生することになるので、知名度が高ければ高いほど、高額な費用が発生します。

チャンネル登録者数の規模が小さい場合でも、一部の専門分野でとても大きな発信力を持っているキャストを起用することもあります。プロモーション効果を狙うにはこちらの方が効率が良いですし、キャスト費用も比較的少額に抑えることも可能です。信用しているYoutuberの顔を実際に見ることになるので、ランキング機能がさらに発揮されます。チャンネルのカテゴリや登録日別に、計測期間を指定することになりますが、視聴回数の増加数ごとにランキングを設定することができます。これらのカテゴリに加えながらチャンネル登録者数での規模をランキングで区別することにもつながり、簡単に理想のキャストを探すことが可能になっています。

クリエイターの目線から見るとチャンネルと同じカテゴリで、同規模のチャンネルの成長率を確認することができるので、プロモーション効果を発揮することが可能です。どのようなコンテンツがよく視聴されているのかを分析して、把握することで運営するときに役立てます。マーケティングを行う場合、すべての企業へ向けて機能を拡充しますが、動画で伝える範囲を想像しながら制作していきます。特に利用者がたくさんいるので、プロモーションの媒体として注目されつつあるのが現状です。

たくさんの企業が広告を出稿しつつ、タイアップ動画を等してユーザーとの繋がりを見つけます。施策としてYoutuberを起用することによって、もともと持っているチャンネル登録者数や視聴回数などで興味を持って動画を見てもらうことができます。インフルエンサーマーケティングに着目することで、さらにたくさんの幅が増えていきます。

チャンネル登録者の層も注目するポイントですが、拡散力の高い20代の登録者が多いキャストを起用することも一つの戦略として高い効果を生み出します。ターゲットのイメージを企業ごとに整理しながら、設定していくことが効果的です。