ガラケー時代を台頭してきたモバゲー、スマホ時代の今、拡散力はあるのか

ガラケー時代に流行っていたのはモバゲーというゲームですが、これが今のSNSのような状態を作り出していました。現在はスマホが主流になっているので、モバゲー自体の存在がなくなりましたが、拡散力の高いSNSが確実に存在しています。拡散力を上げることが難しいガラケー時代でしたが、モバゲーの存在があるため様々な情報の共有ができていました。知らない人と繋がることができるSNSの存在ですが、このニーズは国内でも多くなっています。

モバゲーがガラケー時代には普及していましたが、そのニーズを他の媒体で使いこなします。音楽関連やゲーム関連でも、年代別のカテゴリーに分けてグループが存在していることからも言えます。ハッシュタグを使うことでグループ同士で繋がることもできますし、グループのテーマに関わらずスマホから様々な雑談をすることも可能です。大きく分けると、スレッドごとに分けられているかということに重きを置いており、どの時代にも似通ったグループが存在しています。

モバゲーはSNSという側面よりもゲームを中心に楽しんでいる人が多い媒体で、SNSとして利用したい人はスマホで行なっていることが主流です。ツイッターは特に拡散力の高いSNSとして、積極的に人とコミュニケーションをとりたい人が利用しています。拡散が難しいモバゲーはゲーム好きな人が集まっているという点で、皆共通点を持ち合わせていますが、それ以外のことで繋がりにくいデメリットがあります。

スマホでは様々なSNSが利用でき、それに合わせてアプリも存在しています。気軽に利用できる面ではスマホの方が圧倒的に有利と言えますが、種類によっては拡散力が乏しいものもあります。拡散力を期待しているときは、それに特化したSNSを利用することでさらに効果を発揮することができます。スマホは若者から大人世代まで多くの人が持っており、ガラケーは今はほとんどの人が持っていないことが特徴です。持っているといえば年齢の高い世代の人が多く、昔から使い慣れているものを使用しているという理由となります。このようなことからゲームで繋がることが難しく、モバゲー自体の存在も日に日に落ち着いてくる傾向にあります。

ツイッターの拡散力は史上稀に見る強さで、これを超えるものはガラケー時代には存在していませんでした。スマホ時代である現在も、ツイッターを超える拡散力のあるSNSがないと言われるほどで、これを利用して企業の宣伝をしていくことが効果的です。