SNSサイトのアイコンと電話を見る男性
スマホの画面にある色々なSNSアプリ

最近では個人で利用しているSNSもありますが、企業が自社の宣伝効果を期待するために行なっているSNSマーケティングも存在しています。自社で取り扱いをしているサービスや商品などをSNS上で紹介していくケースもあり、集客の手段の一つになります。過去のケースでは企業は自社の宣伝を行うときは、広告を始めブログやホームページを利用したものが多く企業側から起こす一方的な発信が多いです。

現在はSNSの媒体が充実していることもあり様々な情報発信の方法が存在していることも事実で、一方的ではなくユーザーの反応を確認しながら確認していくことが可能になります。第一のメリットはユーザーの目線に立ちながら情報発信をすることができるので、大きなすれ違いが発生しにくい点です。しかし一つの媒体だけを使ってしまうと、それが逆にデメリットとなっていくのでSNSの使い分けを行うことになります。

同じ媒体に投稿をし続けても、十分足りる効果を得ることが難しいですし拡散力も乏しくなります。SNSマーケティングを行うときは常に使い分けを意識しながら、いくつかの媒体のアカウントを使うことが良いです。フォロワーが一つの媒体にしかアカウントを持っていない場合、他の場所での宣伝効果を受け取ってもらうことができません。

複数の媒体でアカウントを持つことで、フォロワーにインプレッションを与えることができ、大きなメリットにもなります。それぞれの媒体にメリット・デメリットがあるので、そのポイントをよく考えながら投稿していきます。シェアされやすい媒体もありたくさんの人たちに見てもらうことで、よりいいねの数が増えることになります。企業が目標を達成させていくためには、常にKPIを意識させることが重要です。新規顧客の獲得や新規受注獲得数を知りたい時にこのようなワードが出てきますが、サポートする側や管理する部門でも顧客の満足度などでKPIの導入を図るケースもあります。

投稿された情報が一定期間保存されたり、写真を複数同じ時間に掲載することができる場合は期間限定の情報を掲載することができます。リンクを連動することも可能なのでシェアでURLを貼り付けながら、ホームページへ誘導するケースもあり必然的に訪問者の数が増えていきます。拡散力や即効性・タイムリーな印象を与えるためにはそれぞれの媒体を駆使しながらSNSマーケティングを行なっていくことで、いいねの数が増えたりユーザーへのインプレッションへ繋がります。

記事一覧